お客にぶち切れる

Angry with customers

いつも目を通している、Onlineジャーニーの記事でこんなのがありました。

No show customers

記事はこちら

 

『予約したのに、連絡もせずキャンセル』

これ、イギリスの文化なんですかね?!

 

私も何度ノーショウ客にブチ切れたことか。怒

 

私のビジネス、家の賃貸を取り扱っているので、空きが出ると家を見たいという予約が入ります。

予約が入るから、こっちはきちんと時間管理して、予定通りに物件を見せれるように準備しますよね。

ところが、時間になっても予約客が現れない。

何度電話しても、つながらない。

 

中には「あ、忘れてた」という人もいれば、「もう他に見つけたからいらない」という人もいれば、着信拒否にする人も。

しかも、「ごめんなさい」の一言もない!!!!

 

ちょっとぉぉ~~~~~~~。怒

礼儀ってものがないんですか???!!

 

最初はたまたまその人に礼儀がなかっただけかと思ったんですが、そうじゃないらしい。

あまりにもこういう「連絡いれずに放置」する客が多すぎる!!!!

 

なんでなんだろう???

 

と考えても考えても答えがでないので、もうここは自己防衛するしかない、と学びました。

なので、最近は、物件の見学予約がある場合、「予約の30分から1時間前に予約再確認の電話しますね。連絡が取れない場合は、キャンセルにしますので」という体制にしました。

自分の時間も車のガソリンも無駄にするのは、もう嫌なんで。

人のことでイライラするのは、もう嫌なんで。

 

だから、上の記事を見た時、わかるわぁ~~~~。涙)と同感しました。

自分がレストラン経営してたら、どうするかな・・・・

大人数の予約だったら、デポジット確実だな。予約のリマインダーを前日、当日とテキスト2回くらいいれて、予約10分前までにキャンセルの連絡がなければ返金不可で。

 

郷に入れば郷に従えといいますが、この文化(?!)はほんと好きになれない・・・。

ノーショウが減っていくといいですね。





最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へにほんブログ村

イギリス(海外生活・情報)ランキング

Leave a comment